導きナイトブラ

マッサージでバストに刺激を与えてバストアップを目指そう

バストアップのためにマッサージを行っている女性は少なくないでしょうが、単に胸を揉んでいるだけではなく、その目的をしっかりと意識をすることが大切になります。

 

まず、バストアップマッサージでポイントになるのが、リンパの流れをスムーズにすることです。女性に多い冷え性ですが、バストが冷え込んでしまうことで筋肉が硬直し、血行不良になってリンパの流れも悪くなってしまうことで、バストが縮こまってしまうことがあります。それを予防するためにも、マッサージを行うことでこれらの問題を解消し、女性ホルモンや栄養や酸素をバストにきちんと行き渡らせることが重要になるのです。

 

また、筋肉の働きをマッサージによって正常化することによって、バストが左右に離れたり垂れ下がるといった、本来の位置からずれてしまう原因を解消することができます。バストアップマッサージを行う際にはまずリンパの流れを向上させることを考えて、より魅力的なバストを手に入れることを意識していきましょう。

 

バストアップのためには、肩甲骨から脇の下を通って流れるリンパ、鎖骨からバストに向かって流れるリンパが重要です。

 

まず、右手を手前から左の背中に当て、左手を添えて脇の下を通って左バストへ、背中の肉を移動させるようにマッサージしましょう。1分ほど肉を寄せるマッサージを行ったら、今度は左手を使って右バストも同じように行います。肌を傷つけない程度に少し痛みを覚えるくらいの力で、思いっきりやるのがポイントです。

 

その後、背中から持ってきた肉ごとバストを持ち上げるようにマッサージしていきます。特に、垂れ下がりや左右に離れているバストが気になるかたは、念入りに行ってください。中央に寄せ、本来の位置にバストを戻すのに効果的です。

 

また、親指を利用して脇の下のくぼみを押したり、鎖骨下に4本の指を当て、揉み解すようにマッサージを行うことで、これらの下を流れるリンパをスムーズにすることができます。仕上げに行うことで身体もスッキリするのもメリットです。

 

普段あまり自分では触ることがないバストですが、だからこそマッサージを行うことで刺激となり、リンパの流れをよくすることでバストを育てるために必要な栄養が行き渡りやすい、バストアップに最適な状況を作ることができます。特に身体が温まって血行がよくなっているお風呂上りにやると効果的です。

 

クリームやオイルを使って滑りをよくし、毎日5分から10分程度かけて続けて行うようにしてください。柔らかく、ボリュームのあるバスト作りに役立てられます。