導きナイトブラ

バストアップにいい筋トレを習慣化してバストの土台を作ろう

柔らかくてボリュームのあるバストを手に入れたいのに、硬い筋肉がつく筋トレがバストアップに繋がるといういわれても想像するのが難しいでしょう。

 

逆に、引き締まってバストが小さくなってしまうのではと考えるかたもいます。しかし、しっかりしたバストを作るためには、その土台となる筋肉を鍛えることが重要になのです。

 

特にバストアップのための筋トレで重要になるのが、バストの真下にある大胸筋になります。ただ、バストを構成するのは乳腺組織が1割、そしてその周りにつく脂肪が9割なので、大胸筋を鍛えたところでバストが育っていくわけではありません。

 

しかし、筋トレを行い胸にある筋肉に厚みを増すことで、横から見た際に胸が大きくなったように感じられますし、また、加齢によって垂れ下がることを防ぎ、上向きのバストを維持するのに役立てられます。サプリメントやバストアップマッサージで乳腺組織を増やすための努力をするのと同時に、筋トレも行っていくことで、より高いバストアップ効果を見込むことができるのです。

 

さらに筋トレによって成長ホルモンの分泌が活性されることにより、加齢やストレスによって滞りがちな女性ホルモンの活動を活発にすることも期待できます。成長ホルモンの働きは代謝の活性化やアンチエイジング効果、肌のハリや潤い作りにも必要不可欠です。

 

バストアップに効果的な筋トレの方法はそう難しいものではなく、日頃運動をしていないかたでも簡単に始めることができます。まず、最も手軽なのが合掌エクササイズです。バストの前に両手の平を合わせ、左右から少しずつ力を入れていきます。この際に腕ではなく胸の筋肉を意識するのがポイントです。3秒圧をかけたらゆっくりと力を抜いていくというのを、10回ほど繰り返しましょう。

 

朝晩やるだけで普段使われていない大胸筋に刺激を与えられます。もう少し本格的な筋トレを行いたい場合には、腕立て伏せがおすすめです。90度に曲がるように両膝を突き、背筋を伸ばして腕を真っ直ぐに床に着きます。

 

ゆっくりと時間をかけて腕を曲げ、またゆっくりと元に戻すというトレーニングを10回から20回を1セットにして、3セットほど繰り返し行いましょう。この際にもやはり腕より胸の筋肉を意識することが大切になります。ゆっくりと動作を行うことでより負荷がかかり、少ない回数でも効果的に筋肉に働かせることが可能です。

 

他にも、両手に500mlのペットボトルを持って寝転び、両手を交互に真上に突き上げる方法なども簡単にできます。大切なのはこういった筋トレを習慣づけていくことです。継続的に行うことで少しずつ筋肉がつき、その努力がバストアップに繋がります。