導きナイトブラ

胸が小さい人と大きい人の違いとは!?

何故同じ女性で胸の大きさがあれだけ違うのかという事を考えたことがありませんか?そして、もし女性なら自分が胸が小さいとそれがコンプレックスになってしまう人も多いと思います。では、胸が小さい人と大きい人は何が違うのかそれを紹介したいと思います。

 

女性ホルモン分泌の量の違い

実は胸の大きさは女性ホルモンによって決まります。そのため、女性ホルモンが多い人は胸が大きくなるといわれています。女性ホルモンは成長期に発達するのですが、大人になってからでもまだまだ発達するといわれているので胸が小さい人は今からでも大きくなるように努力する事が大切です。

 

乳腺の発達の仕方

実は胸は9割が脂肪で1割が乳腺だと言われています。そして、乳腺が発達していると胸が大きくなるといわれているので乳腺を発達させることが大切です。そして、どうやって乳腺が発達するかというと、これは女性ホルモンが関係しています。胸の大きさはやはり女性ホルモンが関わっているので女性ホルモンを活発にすることが大切です。

 

太っていた方が胸が大きくなる?

太っている人は胸が大きい人が多いと思ったことはありませんか?胸の約9割が脂肪なら当然太っている人が大きくなるという理由は分かりますね。ただ、胸は脂肪なので、当然痩せてしまったら胸まで小さくなってしまう可能性があります。そして、太っている人の難点はトップとアンダーが変わらないので、胸のカップはそこまで大きくない場合が多いようです。ですので、痩せるときは上手に痩せて胸が出来るだけ小さくならないようにしたいですね。

 

胸が大きくなるには

胸が大きくなるには生活習慣がとても大切と言われています。そのためにはしっかりと睡眠を取る事がまずは大切です。特に夜の22時〜2時の間に寝るといいといわれています。そして、栄養バランスの良い食事もとても大切です。胸が大きくなるには胸に十分な栄養を届けなければいけないので食事の栄養バランスはとても大切です。食事の中でも女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンや女性ホルモンの分泌を促すボロンはとても大切なのでしっかりと摂るようにしてください。

 

まとめ

このように胸が小さい人と大きい人の違いについて紹介しました。中には胸の大きさは遺伝だからあきらめてしまっている人も多いです。確かに遺伝ということがまったくないわけではないのですが、すべてが遺伝ではありません。親が小さくても大きくなる可能性があるので、生活習慣を整えてバストアップを目指しましょう。