導きナイトブラ

日頃の食事から、バストのもとを作り出していく事が大事

バストアップにいい食べ物や飲み物

 

女性にとって、大きいのに垂れないバストは永遠の憧れです。

 

健康的な食生活や正しい姿勢の維持、適度な運動は、ある程度スタイルを良くしてくれ、上向きのバスとへと導いてくれるはずです。

 

しかし、それだけでは、バストアップにはつながりにくいのです。

 

バストはまず、女性ホルモンのエストロゲンが卵巣から分泌されることで、第二次性徴として発達します。成人のバストは、9割程度が脂肪でできていて、残りの1割は乳腺です。つまり、バストの膨らみ部分には、筋肉はほとんど含まれていません。

 

まず日頃の食事から、バストのもとを作り出していくのが正解です。

 

バストアップにいい食べ物や飲み物を、日常生活レベルから心がけていくと、きっと、より豊かなバストの維持につながっていくに違いありません。

 

バストアップにいい飲み物や食べ物を調べてみました。

バストアップにいい飲み物や食べ物を調べてみました

 

まずは、大量のキャベツを食べ続けて、2、3カップのバストアップに成功した、などと今をときめくアイドルが告白したりして有名になったキャベツです。

 

本当かな、とちょっと疑ってしまいますが、キャベツやりんご、わかめににはボロンという成分が含まれていて、ボロンが女性ホルモンの分泌を促すため、バストアップにいいとされています。

 

ボロンは熱に弱いので、加熱せずに生サラダで食するのがベストです。

 

次は大豆製品です。

 

大豆製品には女性ホルモンのエストロゲンに似た作用をする、大豆イソフラボンが含まれることで知られています。ひと口に大豆製品といってもいろいろあります。効率の良い大豆イソフラボンの摂取のし方には、どんなものがあるのでしょうか。

 

例えば、よく紙パックの飲み物として売られている200cc入りの調整豆乳。ぐっと飲みやすくなっていて便利です。1パック200ccに含まれる大豆イソフラボンは、豆腐半丁に含まれる大豆イソフラボンの量と同程度です。

 

さらに細かく同じ重さの木綿豆腐と絹ごし豆腐を比べると、木綿豆腐には、絹ごし豆腐よりだいたい1割程度多くの、大豆イソフラボンが含まれています。さらに、西洋では薬用植物として親しまれているフェンネルというハーブには、女性ホルモンと似た働きをする、植物性エストロゲンが含まれているそうです。

 

フェンネルはウイキョウとも呼ばれます。ネパール料理、インド料理の店では、フェンネルシードがレジ横に口中清涼剤のように置いてあったりします。フェンネルはハーブティとしてもおススメです。